一人暮らしのインターネットはwi-fiでサクっと安く快適に!何をどうする?

これから一人暮らしを始める方。
今一人暮らしをしている方。
自宅でもインターネットが使えると便利だな、と思っていませんか?

でも固定回線がいいのか、それともWi-Fiを選んだらいいのか…
どんな料金でどんなプロバイダがあるのか、さっぱり分からないという方が多いです。

「良くわからないから適当でいいか!」
なんて決めてしまうと、無駄なお金を払うことになりかねません。

しっかり学んで、あなたににピッタリな方法を選びましょう。

Wi-Fiってなんのことか正しくわかっていますか?

Wi-Fiはスマホ、パソコン、タブレット、ゲーム機器などを無線(ワイヤレス)の電波で接続できるようにする方法です。
この電波で繋がったネットワークをLAN(ラン)と呼びます。

自宅にWi-Fiルーターという端末を設置すればケーブルを繋げなくても電波が届く場所ならどこでもインターネットに接続することができます。

Wi-Fi(無線LAN)と有線LANの違い

Wi-Fiは電波が届く場所ならどこにでも設置できます。
ケーブルを必要とせずにインターネットに接続できるので工事が不要です。
スマホやタブレット、ゲーム機などのWi-Fi対応機器なら、ほとんどの機器をパスワードを入力するだけでインターネットに接続できます。

対して有線LANはケーブルでそれぞれの機器を繋げたネットワークです。
当然ながらケーブルの届く範囲にしか設置できません。

NTTの「フレッツ光」などの光回線が有線LANの代表です。
有線LANのメリットは最大10Gbpsでの高速データ通信ができることです。
接続にはケーブルで機器同士をつなげればいけませんが回線が安定しています。

ただし、回線が開通していない住宅の場合、工事が必要になります。

一人暮らしにWi-Fiがあるとこんないいことが!

スマホがあるからWi-Fiは必要ないと考えている方もいるかもしれません。
特に一人暮らしの場合、わざわざ自宅にインターネット回線は必要ないのでは?
と思うかもしれません。

でも、実は一人暮らしでWi-Fiを契約している人はたくさんいます。

Wi-Fiのメリット

お手軽・便利

Wi-Fiがあれば家の中のどこでもインターネットに繋がります。
パソコン、スマホ、タブレット、プレイステーションなどのゲーム機器をどこにでも持ち運ぶことができます。

例えば防水機能のあるスマホをお風呂に持ち込んでWi-Fiに接続。
スマホの通信量を気にすることなく動画を見ながら半身浴を2時間、なんてことも可能です。

部屋がスッキリする

ケーブルを使うことなく、インターネットに接続できるので配線がごちゃごちゃしてしまうことがありません。
コードがないぶん、部屋がすっきりさせられます。

節約・安い

スマホの通信料が高くて悩んでいませんか?
家の中にいるときには、スマホもWi-Fi回線を使うことにすればデータ量を削減させられるので、月々の出費が3千円も節約できます。

更に速度制限も気にすることなく利用できるのでストレスなく快適です。

一人暮らしのWi-Fi導入。用意するもの

これから一人暮らしでWi-Fiの導入を検討している場合、どんなものが必要なのでしょうか?

Wi-Fiに必要なもの2つ

Wi-Fiを利用するために必要なのはWi-FiルーターとWi-Fiに対応したスマホやパソコンなどの機器の2つです。
このたった2つを用意すれば準備は完了です。

ルーターは無線でインターネット接続をする機械のことです。

例えばあなたがパソコンを開いてGoogle chromeを立ち上げ、「Wi-Fi 導入」と検索すると、パソコンはWi-Fiを経由してルーターに接続されます。
ルーターは近くの基地局に接続して、その先のGoogleサーバに接続してあなたのパソコンには検索結果が表示されます。

スマホでも同じで、ルーターとスマホの間でデータを無線で送受信することでネットやゲームを楽しむことができます。

ルーターは1台あれば複数の機器を同時にインターネットに接続できます。
例えば、プレイステーション4でネット対戦を楽しみながら同時にスマホのLINE通話で仲間と会話を楽しむことができる、ということです。

ルーターはどこで買えるの?

ルーターは家電量販店に行って購入するものではありません。
インターネット回線を契約すると、ルーターが付属します。

チェックしてみて!インターネット回線完備のお部屋も多い

マンションやアパートの場合、Wi-Fi完備の建物なら無料で使えることもあります。

Wi-Fi完備のアパートやマンションの場合には、Wi-Fiが元からついている物件が多いです。
そういった物件ではスマホ」などの機器があえばWi-Fiをつかうことができます。

契約時に「インターネット完備」と言われていればWi-Fi使える可能性があるので、良くわからない場合には管理会社に一度問い合わせをしてみると良いでしょう。

一人暮らしのWi-Fi導入。インターネット回線は2種類から選べる

一人暮らしでWi-Fiを導入する場合、選択肢は固定回線(光回線)とモバイル回線の2つです。

固定回線というのは

  • フレッツ光
  • auひかり
  • NURO光

などです。

対してモバイル回線は

  • WiMAX
  • ワイモバイル

などのことを指します。

それぞれメリットデメリットがあるので、自分に合う方を選ばなくてはいけません。
では、どう選べば自分に合う方を選ぶことができるのでしょうか?

先に結論を書いてしまうと、一人暮らしの場合、インターネットはモバイル回線がおすすめです。
その理由は以下の4点にまとめることができます。

  • 工事をしなくてもネットに接続できる
  • 面倒な配線をする必要がないので部屋がすっきりする
  • 屋外でもネットに接続することが可能
  • 月額料が固定回線よりも安く節約になる

この4点について詳しく説明しましょう。

固定回線(光回線)とモバイル回線はココが違う!

固定回線(光回線)は光ファイバーを使ったインターネット通信です。
光信号で通信することで早く安定したネット接続ができます。
固定回線を使うためには、電柱や地下の光ファイバーを家の中に引き込み、基地局とつなぐ必要があります。

つまり、固定回線を使うためにはお部屋に光ケーブルを引き込む工事が必要になるのです。
そしてルーターと光ケーブルを接続することでWi-Fiを利用できます。

図にすると上記のようになります。

スマホ~ルーター間は無線ですが、ルーター~基地局は有線(光ケーブル)です。

対してモバイル回線はインターネットのデータを基地局とルーター間が無線で送受信を行います。
工事をしなくても、ルーターが届いたその日からインターネットに接続することができます。

スマホやパソコン、ゲーム機からルーターの間、そしてルーターから基地局まで全て無線です。
複雑な配線が不要なので、機器を家中どこでも持ち歩くことができ、部屋の中がすっきりします。

更に、ルーターを外に持ち歩くこともできるので、通勤途中の駅や喫茶店など家の外でもネットに接続することが可能です。

何より月額の利用料が光回線よりも2~3千円は安くなります。
固定回線にもメリットはありますが、一人暮らしの場合にはデメリットの方が多くなり不向きなのです。

固定回線とモバイル回線を徹底比較/料金・通信速度・エリア

では具体的に固定回線とモバイル回線を比較して行きましょう。

固定回線とモバイル回線の月額料金を比較。やっぱり安いほうがいいでしょ!

家族で暮らしていて、複数人が同時に複数台の機器でインターネットに接続する場合や、広い家の中で使用する場合には固定回線の方が安定して使うことができるため一概に料金の安さだけで決めることはできません。

しかし一人暮らしの場合には同時に使う機器も限られていますし、部屋の広さも限られていることから、月額料金の安いモバイル回線を選んでおけば間違いはありません。

固定回線とモバイル回線の料金を月額にすると以下の通りになります。

  • 固定(光回線)の月額/4000~6500円
  • モバイル回線の月額/2700~4000円(データ無制限プラン)

これで分かる通り、費用はモバイル回線の方が圧倒的に安いです。
さらに固定回線の場合には工事費用が2~4万円必要になります。

どうしても固定回線を引きたい場合には、工事費無料キャンペーンなどをうまく利用すると良いでしょう。

固定回線とモバイル回線の通信速度の比較

料金が安いとは言え、通信速度が遅いと使い物になりませんよね。
固定回線とモバイル回線の通信速度を比べると次の通りになります。

  • 固定(光回線)の通信速度:下り 最大1000Mbps 通信安定性 非常に良い
  • モバイル回線の通信速度:下り 最大708Mbps 通信安定性 ごくまれに途切れることもある

通信品質で比較すると、光回線の圧勝になります。
しかしモバイル回線の通信速度が遅く、インターネットをする上で不便することはほとんどありません。

というのも、インターネットで動画を見る時に必要な通信速度は…

  • スマホサイズなら1.5Mbps~3Mbps
  • パソコンモニターサイズでも5~6Mbps程度

あれば十分綺麗な画質で視聴することができるからです。

4K解像度の超高画質動画になると25Mbps以上の速度が必要なのでモバイル回線だと厳しいです。
しかし、そんな超高画質動画をストリーミングする人は多くないでしょう。

代表的な動画サイトで必要な通信速度

  • Hulu 高画質視聴3Mbps~6Mbps以上
  • U-NEXT 標準画質1.5Mbps、高画質3Mbps以上
  • dTV HD画質3Mbps前後
  • Netflix  SD画質 3Mbps、HD画質 5Mbps
  • Amazonプライムビデオ 0.9Mbps~3.5Mbps
  • Youtube 中画質0.5Mbps、フルHD 3~5Mbps

比較的負荷のかかる動画サイトであっても5Mbpsも速度が出ていれば、途切れることなく快適に動画を視聴することができます。

もっともストリーミング速度を必要とする動画でこの程度なので、Webページの閲覧やLINEやTwitter、InstagramなどのSNSを楽しむだけであれば更に少ない通信速度でも大丈夫です。
よほど大きなファイルを頻繁にダウンロードするというのでなければモバイル回線でも十分快適なネット生活が過ごせるのです。

固定回線とモバイル回線の通信エリア比較

固定回線もモバイル回線も基本的によほどの田舎でなければ使うことができます。
ただし、両者とも山間部や離島では工事ができない、電波が届かないという可能性があります。

最大の特徴は、固定回線は家の中でしか使えないという点です。

3階建の一軒家の場合、リビングにルーターを設置すると1階と3階のどこでもネットに接続することができます。
また家の前程度ならネットにつながるかもしれません。
しかし少し離れてしまうとネットワークに接続することはできなくなります。

固定回線で基本的に使えるエリアは家の中だけです。

モバイル回線の場合は、充電式のルーターを持ち運ぶことができます。
あなたが移動する場所なら基本的にどこでもネットに接続することができるのです。

通勤や通学中にバスを待っている間、駅で電車を待っている間、会社や大学の食堂、喫茶店、バイト先の休憩室など、どこでもネットに接続できます。

対応エリアに関しては以下でチェックすることができます。

光回線のエリアチェック

モバイル回線のエリアチェック

固定回線(光回線)VSモバイル回線 最大の魅力はコレ

固定回線の最大の魅力は通信速度や通信の安定性の高さです。
多くの人が一度にルーターに接続しても安定して通信ができるので複数の機器で同時にネットに接続したい人やファミリー向けです。

モバイル回線の場合は工事不要でお手軽です。
大学を卒業して部屋を移る時、仕事で転勤をする時、新たに引っ越しをする場合でも手続きや再度工事手続きをする必要もありません。

ルーターを持ち出すことができるので家の外でもネットに接続できるためスマホ代を抑えることもできます。

固定回線VSモバイル回線 一人暮らしのインターネットにぴったりなのは?

固定回線とモバイル回線のどちらを選ぶべきか迷ったら自分がインターネット回線を使ってどんなことをしたいか考えてみましょう。

固定回線がおすすめなのはこんな人

固定回線のメリットとデメリット

固定回線のメリットはデータが完全無制限でやりとりできることや通信速度の速さ、安定性です。
デメリットとしては料金の他であれば、開通工事が必要ということになります。

固定回線こんな人におすすめ

4K超高画質動画をよく見る人

TV番組よりも高画質な4K動画をインターネット経由でみたい場合にはデータ量がかなり多くなるのでモバイル回線では難しいです。
4K超高画質動画をたっぷりみたいなら、固定回線を利用するのが良いでしょう。

大容量のデータを読み込むオンラインゲーム

大容量のデータを読み込む必要のあるオンラインゲームを楽しみたい場合には一人暮らしでもモバイル回線は不向きです。

例えば0.1秒以下のシビアな動きが求められるオンラインFPSシューティングや仲間との連携が必須なRPGゲームなどをする場合、不安定になりやすいモバイル回線は命取りになってしまいます。

インターネット株取引をしたい

株の取引を自宅で行う場合、安定と高速通信が必須になります。
通信が不安定な場合には株の取引が一時中断してしまい、せっかくのトレードチャンスにもかかわらずオーダーが出せない・ロストカットができないなど大きなデメリットが生じてしまいます。

モバイル回線がおすすめなのはこんな人

モバイル回線のメリットとデメリット

モバイル回線の最大のメリットは家の外でも使えるという点です。
持ち運ぶことができるので屋外でもネット回線に接続できます。
自宅ではなかなか集中できずにレポートに集中できないという場合でも喫茶店や図書館にノートパソコンを持ち出して作業ができます。

デメリットは通信がたまに途切れることがあるという点です。

モバイル回線はこんな人におすすめ

家の外でもネットを使いたい人

モバイル回線のルーターは持ちあることができるので自宅以外、学校、会社、公共施設や旅行先などどこでもネットに接続できます。
スマホ代を節約することもできるのでお得です。

すぐにネットを利用したい方

モバイル回線は工事不要です。
プロバイダによっては即日発送で翌日にルーターが受け取れるのでネットを利用したいと思った時にすぐに使い始めることができます。

引っ越しの予定がある方/転勤族の方

モバイル回線は工事をしなくてもすぐにインターネットに接続できます。
頻繁に引っ越しをする方、これから引っ越す予定のある方の場合、せっかく固定回線の開通工事をしても、引越し先で再び申し込まなくてはいけません。
その都度、全ての機器の設定をし直さなくてはいけませんし、開通工事が行われるまでインターネットが使えないのでとても不便することになります。

結局、一人暮らしのインターネットは固定回線、モバイル回線どちらを選ぶのがいいの?

  • 高画質4K動画
  • 常時通信型のオンラインゲーム
  • インターネット株取引
  • ファミリーで同時にネット接続

など
⇒大容量データの送受信が必要になる場合には固定回線

  • Webサイトの閲覧
  • ネット通販
  • You tube視聴
  • Netflixなどの動画視聴サイト
  • SNS(LINE通話、ツイッター、インスタ、ティックトックなど)

など
⇒モバイル回線で十分快適

結論を言うと、上記の通りになります。

一人暮らしの方の場合、大半の方がモバイル回線で十分です。
固定回線は一人暮らしにはオーバークオリティといえるでしょう。
勿論、スペックが良い分、高い月額料を支払うことになります。

  • 通信速度・安定性:固定の勝ち
  • 月額費用:モバイルの勝ち
  • 使えるエリア:モバイルの勝ち
  • お手軽度:モバイルの勝ち

2つを比較した結果は上記の通りになります。
利便性やお得度は圧倒的にモバイル回線が勝っています。
どちらか悩んだら、モバイル回線を選んで間違いありません。

一人暮らしの場合、少しでも通信費を抑えたいという方が多いでしょう。
モバイル回線の場合、ルーターをカバンに入れておけば屋外でもスマホをWi-Fiに接続できるのでスマホのデータプランが不要になります。
つまり、付きのスマホ代が半額以下になるのです。

勿論データ量は無制限なのでパケ死する心配もありません。
必要以上の通信費は家計を圧迫するだけですから、モバイル回線を選ぶのが賢い選択です。

固定回線(光回線)を最安値で選ぶ方法 スマホと光回線の通信会社をあわせると高額キャッシュバックが!

固定回線を選ぶことにした場合には、スマホと光回線の通信会社を合わせるのがおすすめです。
スマホのキャリア(通信会社)と同一の光回線プロバイダと契約するとスマホセット割が適用され高額キャッシュバック、月額割引キャンペーンなどの特典が受けられるからです。

ドコモユーザー⇒ドコモ光

  • 15,000円キャッシュバック+最大30,000ポイントのDポイント
  • 毎月100円~最大3,500円割引

auユーザー⇒au光

  • 43,000円キャッシュバックor38,000円キャッシュバック+ルーター
  • 撤去費用実質無料

ソフトバンクユーザー⇒ソフトバンク光

30,000円キャッシュバックor25,000円キャッシュバック+ルーター

スマホのキャリアでそれぞれこうしたキャンペーンが行われていますので基本的には利用しているスマホと同じ会社を選ぶと間違いありません。
細かいキャンペーン内容は契約しているスマホのプランによって異なるため各社公式サイトでご確認ください。

モバイル回線Wi-Fiを最安値で選ぶ方法!おすすめはWiMAX

これから一人暮らしを始めるなら最もおすすめなのがモバイル回線です。

モバイル回線を使うために必要なのはルーターだけです。
全て無線でインターネットができるので工事をする必要もありません。
申し込んでから最短翌日にはインターネットを楽しむことができます。
また料金もデータ量無制限で月額2726円~と、とてもリーズナブルな設定です。

しかし、モバイル回線ならどれでも良いというわけではありません。
一口にモバイル回線と行ってもWiMAX、Ymobile、携帯キャリアのポケットWi-Fiなどいくつか選択肢があるからです。

一体どれを選ぶのが正解なのでしょうか?

モバイル回線のWi-Fiは大きく分けて3種類

モバイル回線には大きくわけて3種類あります。

WiMAX

WiMAXはプロバイダによって月額料金やキャッシュバックキャンペーンなど得られる契約特典の内容が異なります。

公式プロバイダのUQWiMAXで4,263円ですが全く同じ品質でBroadWiMAXなら月額2,726円~とお得な設定になっています。

Ymobile

SoftBank系列の企業ですが、イーモバイルという独自の回線を利用します。
広いエリアで利用が可能で、回線の品質レベルが高い一方で月額利用料は4,380円とあまり安くありません。
※使い放題プラン(アドバンスオプション/月額684円)加入

携帯キャリアのポケットWi-Fi

それでは携帯キャリアのポケットWi-Fiを利用した方が安いのでは?と思う方もいるかもしれません。
しかし携帯キャリアのポケットワイファイは速度が遅かったり料金が高かったりとお勧めすることができません。

 

3つの中ならどれがいいの?

WiMAX、Ymobile、携帯キャリアのポケットWi-Fiを比較すると最もおすすめなのがWiMAXです。

  • WiMAX(GMOとくとくBB WiMAX) 月額3,609円~/データ無制限 ※キャッシュバック42,100円あり
  • WiMAX(BroadWiMAX) 月額2,726円~/データ無制限
  • Ymobile 月額4,380円/データ無制限
  • docomoポケットWi-Fi 月額8,100円/8GB
  • auポケットWi-Fi 月額4,380円/データ無制限
  • SoftBankポケットWi-Fi 月額3,696円/7GB

料金を単純に比較するだけでも、その差は明らかです。
無制限で使えるにもかかわらず、料金が最も安いのでそれだけを理由に単純に選んでも問題ありません。

WiMAXをおすすめする理由3つ

工事不要なのでお手軽に利用できる!

WiMAXは光回線と違って開通工事が不要です。
プロバイダにもよりますが、最短即日発送なので申し込んだ翌日にはルーターが手元に届き、利用を開始できます。

月額料金が安い!

他のポケットWi-Fiに比べて料金が圧倒的に安いです。
月額料自体が安く設定されているということもありますが初回契約時にはキャッシュバック特典などがあり選択するプロバイダによってはかなりお得に利用することができます。
もちろんデータ無制限なので容量を気にすることなく利用できます。

ルーターを持ち運べる

WiMAXのルーターは持ち運ぶことができます。
家の中だけではなく、カバンに入れて持ち歩けば家の外でも中でも十分すぎる通信速度でネットを利用することができます。

WiMAXをおすすめする理由をさらに詳しく

工事不要なのでお手軽に利用できる!

固定回線の工事には時間がかかります。
申し込んでから、実際に工事が行われるまで当然ですがタイムラグが発生します。
平均で2週間、引っ越しシーズンなどの繁忙期なら約1ヶ月間です。
この期間はインターネットを使うことができず、とても不便です。
忙しい人、仕事で週末しか在宅できない場合などには更に工事日が遅くなることも考えられます。

また特に女性の場合は、いくら信頼できる業者の方とはいえ、見知らぬ男性を一人暮らしの部屋に入れるということに抵抗や不安を覚える方も多いでしょう。
そのためにわざわざ彼氏や両親に同席してもらうというのも面倒です。

WiMAXなら即日発送で翌日からネット回線を利用できるので工事の期間、ネットが使えずにイライラする心配もありませんし工事業者の方に不安を覚える心配もありません。

月額料金が安い!

WiMAXの最大の魅力はデータ制限がない、という点です。
正確には全くデータ制限がないわけではなく3日で10GBとという制限がありますが普通にインターネットを使って動画を見たりネットサーフィンをするだけなら実質無制限で使うことができます。
(3日間でYoutubeを47時間も見るなら別ですが…普通にありえません。)

また使い放題なので追加料金が発生する心配もありません。
それでいて料金は安いのですから、お得さではダントツです。

ルーターを持ち運べる

WiMAXは通信速度が早いです。
WiMAX2+は下り最大速度440Mbps(端末によっては最大758Mbps)で実質速度平均で20〜30Mbpsが出ます。
Youtubeを見るのに必要な速度が3.5 Mbpsなので十分過ぎる数値です。

この数値はモバイルルーターの中では最速となっています。
実は安定性だけで比較するとYmobileの方が安定しているという話もありますがYmobileは3日で3GBを超えると速度制限がかかってしまうのでそうなると使い物になりません。

3日で3GBというと3日間でYoutube14時間(標準画質)になります。
Youtube以外にもネットサーフィンをしたりしながらだと1日あたり3、4時間で制限がかかってしまう可能性があり、使い放題とは言えません。
これって、Netflixなどを契約しているなら1日に映画2本でアウトの計算ですよね。
休暇中なら普通にありえるケースです。

通信速度が早く、家の外でもネットを楽しみたいならWiMAXが良いでしょう。

スマホもノートPCもWiMAX接続でつかえばこんなに便利に!

スマホもノートパソコンもWiMAX接続だととても便利です。
出先で調べ物をしたい時にも通信速度やデータ容量を気にする必要がなく仕事の効率もアップさせることができるでしょう。

屋外でもネットに接続できるので、スマホの定額プランを利用するよりも圧倒的に安い金額で利用することができます。
お得にネットを利用したいならWiMAX一択ですね。

WiMAXでスマホ代がどれだけ節約できるの?

WiMAXを利用すると毎月のスマホ代を節約することができます。
それでは実際にどのくらい拙訳になるのかを見ていきましょう。

実際にWiMAXでいくら節約できるの?

大手キャリアのスマホ月額料は上記の表の通りです。
WiMAXに比べて月額料がとても高くなります。

例えばauデータ定額スーパーデジラは月額6,000円と高額な上に月のデータ量は20GBまでと制限があります。

2年契約でスーパーカケホ1,700円+LTE NET300円+
データ定額20GBで6,000円なので合計は8,000円になります。

これがWiMAXを利用すれば月額利用料が月額2,726円~(BroadWiMAXの場合)になります。

auスマホのプランをauピタットプランに変更すると月額1,980円になりますから1,980円+2,726円で合計4,706円なので3,294円お得です。

WiMAXの初月キャンペーンが終了したのちの料金で比較しても月額平均が3,637円なので、2,383円のお得です。

スマホの場合には、スマホしかネットに接続できず月に使えるデータ量に制限があり、高額です。
どちらを選ぶのが賢い選択かは明らかですね。

携帯キャリアのポケットWi-Fiのほうが安いのでは?

それでは携帯キャリアのポケットWi-Fiを利用した方が安いのでは?
と思う方もいるかもしれません。
しかし様々な理由で携帯キャリアのポケットWi-Fiもおすすめできません。

docomoのポケットWi-Fi

docomoはWi-Fi STATIONというポケットWi-Fiがあります。
ただし、セット割が使えない上に通信量が決まったプランで月額8,100円(8GB)と高額で正直なところおすすめできる理由が一つもありません。

auのポケットWi-Fi

スマホとのセット割がありますが、WiMAXにもauスマホとのセット割があり、わざわざauポケットWi-Fiを契約する理由がありません。

SoftBankのポケットWi-Fi

SoftBankはYmobileとポケットWi-Fiと同じものが販売されていますが7GBの通信制限がある上に月額3,696円と微妙です。
更に最大速度が遅くなります。

結論

上記の通り、キャリアのポケットWi-FiもYmobileも検討するまでもなくWiMAXと比較するとお得感がありません。

WiMAXを最安値で申し込んで節約する方法

WiMAXってどこで契約できるの?おすすめプロバイダ2社。

WiMAXのプロバイダ(販売会社)は20社以上あります。
そして全てインターネットから契約することができます。

これだけあると、一体どの会社を選べばいいのか、比較するのも大変ですよね。
でも、WiMAXを選ぶとき、注目するのは月額料金だけでいいんです。

というのも、実はどのプロバイダも使用するモバイル回線は同じです。
つまり通信速度、通信可能エリア、Wi-Fi端末(ルーター)も全部同じです。
違うのは月額料金だけなのです。
だったら料金だけ見ればOKですし、安い方を選ぶのが賢いのです。

月額料が安いのはWiMAXの場合、2つです。

業界最高のキャッシュバックが人気で2年契約も選べるGMOとくとくBB WiMAXとキャッシュバックない&3年契約のみだけれど、その分月額費用が安いBroad WiMAXです。

GMOとくとくBBとBroad WiMAX 最終的にはどちらが安い?

GMOとくとくBBとBroad WiMAXの詳しい料金は上記の表を見るとどちらがお得かは分かりやすいです。

GMOとくとくBBは3年間のトータル費用が155,160円。
キャッシュバック42,100円を受け取ると113,060円。

対してBroad WiMAXは3年間のトータル費用が130,941円です。

GMOとくとくBBの方が月額料は高くなりますがキャッシュバックを受け取ると3年間のトータル費用が安くなります。

キャッシュバックの罠に注意

料金を比較すべきというなら、一番安いGMOとくとくBBを選べば間違いない!
……と断言できないのが、難しいところです。
というのも、キャッシュバックには受け取るまでに高いハードルがあるからです。

  • 1.受け取れるのが11ヶ月目に申請手続きをした人だけ
  • 2.申請のメールは普段利用していないプロバイダメールに来る
  • 3.メールが来てから1ヶ月以内に手続きをしなければいけない

つまり、キャッシュバックを受け取るまでには3つのハードルがあるのです。

キャッシュバックは契約してから1年目に受け取ることができます。
このため11ヶ月目に自分でキャッシュバックを振り込む口座などを指定する申請手続きを行わなくてはいけません。

とても中途半端な時期なので、ついうっかり申請を忘れてしまうと42,100円という大きな金額を受け取り損ねてしまいます。

メールも普段使っているメールアカウントに届くのなら見逃さずに済むのですが、新規契約時に作ったプロバイダメールに届くので、ついチェックを忘れて見逃してしまいやすくなります。

このため実際にキャッシュバックを受け取れるのは半数程度となっており、受け取り損ねてしまうと、Broad WiMAXを選んだ時よりも25,000円も損をしてしまうのです。

結局、GMOとくとくBB と Broad WiMAX 一人暮らしにぴったりなのはどっち?

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめの人

  • キャッシュバックを確実に受け取れる自信がある人
  • 高額キャッシュバックであとから一気に取り戻したい人
  • 1円でも安くWiMAXを利用したい人
  • 2年契約で申し込みたい人※キャッシュバック金額は32,400円になります

Broad WiMAXがおすすめの人

  • 毎月の支払いを安くしたい人
  • キャッシュバック申請の手続きが面倒な人
  • 忘れっぽい人
  • 忙しくてこまめにメールチェックができない人

基本的には「キャッシュバックを受け取れるかどうか」で決めると良いと思います。

どちらを選んでもその他のサービスに大きな違いはありません。
キャッシュバックを確実に受け取れる自信があるならGMOとくとくBBが最も安くWiMAXを利用できる方法になります。

「私は忘れっぽいからな~」という人の場合は、確実に安く利用できるBroad WiMAXを選んでしまうのが良いでしょう。

WiMAXのおすすめプランはギガ放題

契約プランはどっちを選べばいいの?

WiMAXには全てのプロバイダで「ギガ放題(無制限)プラン」と「7GB(ライト)プラン」の2種類があります。
当然ですが、データ容量に制限のあるライトプランが安く無制限プランの方が料金は高くなります。
(※名称はプロバイダによって異なります)

どちらのプランを選べばよいのか迷ったら、ギガ放題を選びましょう。
WiMAXの魅力は屋内屋外に限らず、快適にインターネットを利用できる点です。
容量を気にしながら、インターネットを使うならWiMAXではなくスマホで十分だからです。

7GBは動画の視聴に換算するとおよそ4.5時間分です。
ネットで映画を2本も見ればあっという間に速度制限がかかってしまい使い物にならなくなってしまいます。

契約年数はどうすればいいの?

契約年数を2年にするか3年にするかは自由です。
好みに合わせて選んで良いでしょう。

ただし、2年プランにする場合にはプロバイダはGMOとくとくBBの一択になります。
キャッシュバック金額も変わってくるので、悩んだ場合には3年契約を選ぶと間違いないでしょう。

WiMAXのルーターはW05かWX05を選ぼう

WiMAXのルーターはいくつか種類がありますが最新機種のW05かWX05を選べばよいでしょう。

W05の特長

W05は現在発売されているWiMAXルーターの中で最も口コミ評判が良いです。
通信速度と安定性が高く、利用者の満足度が高いルーターです。

機能としてはスマホやパソコン側の再設定が不要な「Wi-Fiお引越し機能」など便利機能に加えて下り最大758Mbpsの高速通信に対応している点が評判です。

また便利なのが通信量カウンターの通知機能です。
これを設定しておくと設定容量に達しそうになったときに自動で通知が来るのでうっかり使いすぎてしまうという心配がありません。

WX05の特長

WX05はWiMAX2+初のハイパワー対応機種です。
これは電波が弱い時に通信品質を向上させてくれる機能です。

またおまかせ一括設定で簡単に設定変更を行うことができます。
選べるのは「通信速度優先」「スタンダード設定」「バッテリー持ち優先」の3つです。
動画や大容量ファイルをダウンロードしたいときには「通信速度優先」を選べば良いですし旅行先などでなかなか充電できない状況のときには「バッテリー持ち優先」を選べます。

注意点としてはWXシリーズ共通で速度がWiMAX2+回線、au 4G LTE回線ともに遅めです。
バッテリー持ちが良いのはメリットですが、通信速度が気になる方はW05を選ぶと良いでしょう。

その他の機種について

GMOとくとくBBとBroad WiMAXのどちらと契約してもルーターは無料でもらうことができます。
月額料も同じなので、あえて古い機種を選ぶ必要は全くありません。

最新機種が最も機能がアップグレードされていますから高性能な最新機種から選びましょう。

最後に…一人暮らしのインターネットは?まとめ

ここまで一人暮らしのインターネットはどう選ぶべきか紹介してきましたが最後に結論をまとめておきます。

固定回線かモバイル回線か

⇒基本的にはモバイル回線を選べば十分

但し、高速通信が必要なオンラインゲーム、株の取引をしたい場合は固定回線

モバイル回線はどれを選ぶべきか

 

⇒WiMAX一択

WiMAXはどのプロバイダを選ぶべきか

  • キャッシュバックを確実に受け取れるなら「GMOとくとくBB WiMAX」
  • 月額の使用料金を安くしたいなら「Broad WiMAX」

プラン/契約年数はどうすべきか

 

⇒ギガ放題(無制限)の3年契約

ルーターはどれを選べば良いのか

⇒最新機種を選べばOK
※口コミ評判が良いのはW05

WiMAXを利用する上で迷った場合には上記で契約すれば快適にインターネットを使うことができること間違いなしです。