WiMAXの評判が悪いのは本当?ひどいと言われる一番の理由はアレでした。

WiMAXを検討中であれこれ調べてみたところ
悪い口コミや評判を読んで契約を躊躇している方はいませんか?

しかし安易な口コミに左右されて契約に不安になる必要はありません。
なぜなら、実際のところ、WiMAX回線に問題があるのではなく、利用者側の問題ということがとても多いからです。

勿論WiMAXにもデメリットはあります。
しかしよくWiMAXについて学べば悪い口コミが本当かどうか分かるはずです。

ここではWiMAXでよく見られる5つの不満についてご紹介していきます。
これから契約しようかどうか迷っている方!知らないと損しますよ。

WiMAXのよくある不満5つ/原因と対策

不満① 通信速度制限にひっかかった。「データ量無制限じゃなかったの?」

「ネットをしてたら急に遅くなって使い物にならなくなった!」…と思ったらデータ通信速度制限にひっかかってた!
「ギガ放題プランってデータ量無制限で使い放題じゃなかったの!?」

という不満です。

これは、ギガ放題プラン=3日間で10GB以上の利用で速度制限がかかります。
3日で10Gなので1ヶ月では100Gまで使えることになります。
1ヶ月で100G使い切るのはほぼ無理なので実質データ無制限と言われているのです

具体的には直近3日間の間に10GB以上のデータ通信を行ってしまうと、翌日のネットワーク混雑時間帯(18:00~2:00)に概ね1Mbpsの速度制限がかかります。
これはネットワーク混雑回避のための措置です。

では、実際1Mbpsはどのくらいの制限なのかというと

YOUTUBE標準画質が見れる程度と考えればOKです。
勿論WEBページ閲覧やSNSなども問題なく使えます。

ただし、10GB制限はそう簡単にかかるものではありません。
最高画質の動画を連日何時間も見れば10GBを超えてしまいますが、普通に動画を見たり、ネットサーフィンをしたり、スマホゲームを楽しむ程度なら、
3日間で10GBを超えることはまずありません。

実際、普通に使う範囲内であれば「使い放題」なのです。

ちなみにスマホ各社の速度制限は0.128Mbps(=128kbps)です

この通信速度ではほとんど何もできない状態なので、速度制限がかかってもWiMAXの1Mbps(1000kbps)は十分に速いです。

しかもWiMAXの通信速度制限は翌日の夜間8時間の1回きりです。
それ以外の時間帯は制限なく使うことができますし、夜間8時間が過ぎるとすぐに解除されます。

WiMAXの速度制限は非常に良心的と言えるでしょう。

通信速度制限にひっかかりやすい使い方と対策

WiMAXの速度制限は良心的、と書きましたが頻繁に速度制限がかかるようであればちょっと使いにくい回線ということになります。
つまりWiMAXはヘビーユーザー向けの回線ではないのです。

例えば

  • パソコンで1日中YOUTUBE動画を流し続ける
  • Hulu、Netflix などの動画サイト(高画質)で3日で映画6~8本鑑賞
  • FPS系ゲームなど常時通信型のオンラインゲーム利用

というような人はネット回線のヘビーユーザーということになります。

こうした使い方をするつもりの場合には、WiMAXではデータ容量が不十分です。
固定回線(光回線)なら完全に無制限で使い放題なのでそちらを選ぶと良いでしょう。

通信制限がかかる原因の大半は高画質&長時間の動画鑑賞です。
特に超高画質動画(4K動画)は1日もたずにアウトなので注意が必要です。

動画を沢山見るつもりなら、設定を「標準画質」に設定しましょう。
「標準画質」であればよほど動画を流しつづけない限りは制限をかけられる心配がありません。

オンラインゲームは長時間利用になりがちな原因の一つです。

回線に一度接続したあとはオフラインで遊べるようなゲームであれば長時間利用しても問題ありません。
しかし常にネットに接続して遊ぶようなオンラインゲームの場合は回線が途切れたりする心配もあることから固定回線が良いでしょう。

普通に使う分にはWiMAXで全く問題なく快適に利用することができます。
速度制限が心配という方は、自分がWiMAXを契約後にどんな使い方をしたいか考えてみると良いでしょう。

不満② キャッシュバックがもらえない「詐欺なの?4万円も損した!」

  • 高額なキャッシュバックをもらえると思って契約したのにキャッシュバックが振り込まれなかった!
  • キャッシュバック受取れなくて4万円も損したけど、これって詐欺じゃないの!?

というトラブルもあるようです。

高額キャッシュバックで集客するプロバイダは多い

WiMAXで一番人気のプロバイダ、GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックが42,000円と業界最高額です。
毎月の月額料金はそれほど安くありませんが、キャッシュバックで取り戻すことができるのでトータルの支出をぐっと抑えることができるのです。

ところが、このキャッシュバックがもらえないというトラブルが続出しています。

キャッシュバックがもらえないと、毎月それほど安くない月額料金を支払うことになり、支出が抑えられないので大損ですよね。

なぜキャッシュバックが受取れないトラブルが起きるのか?

トラブルが起きる理由は単純に申請忘れです。

GMOとくとくBB WiMAXに限らず、ほとんどのプロバイダではキャッシュバックを申請制度にしています。
契約後に自分で申請しなければキャッシュバックを受け取ることができないのです。

そしてこの申請可能期間が契約後11ヶ月目という中途半端な時期…
というのがトラブルの原因といえるでしょう。

契約後すぐに申請手続きを行うのであれば、忘れることはまずありません。
しかし契約してから11ヶ月目の1ヶ月間に申請しなければいけないのでついうっかり忘れてしまう人が続出しているのです。

キャッシュバックの申請手続きは面倒

キャッシュバック申請手続きはちょっと面倒です。

GMOとくとくBB WiMAXの場合、プロバイダを契約時に開設したメールアドレスにキャッシュバック申請手続きのためのメールが送られてきます。
しかしこのメールは1通しか届かないため見逃しやすいのです。

特にプロバイダメールは普段使いにしていない人が多くチェック漏れがとても多くなります。
また申請期間は11ヶ月目から12ヶ月目までの1ヶ月間しかないため、忙しい方など申請手続きを後回しにしてしまうと、キャッシュバックが受け取れなくなります。

高額キャッシュバックは受け取れないこともあると覚悟すべし!

高額なキャッシュバックは受け取れないリスクがあります。
日頃から忘れっぽい人、忙しい人、手続きが面倒な方には不向きです。
万が一申請を忘れたら4万円以上損をしてしまうからです。

そこでおすすめなのが、キャッシュバックがないプロバイダとの契約です。

「え?キャッシュッバックがないなら損でしょ?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

上記の表の月額料金の欄を見てください。

キャッシュバックはありませんが月額料が業界最安値であるBroadWiMAXは…
契約から3ヶ月は2,726円、24ヶ月目まで3,411円、25ヶ月目~4,011円と、月額料金がとても安くなっています。

月額料金平均では3,637円です。

キャッシュバック金額が大きいGMOとくとくBB WiMAXの月額料金平均が4,310円なのでBroad WiMAXは毎月コツコツ安いのが特徴です。

キャッシュバック申請という面倒な手続きや受け取り損ねるというリスクが回避できる上、最初から確実に値引き(月額安い)ほうが個人的には好印象です。
対応としてとても誠実だと思います。

不満③ 通信エリア外だった「電波…届かない(泣)」

「せっかくWiMAXを利用しようと契約したのに通信エリア外で電波が届かずに使い物にならない!」

というトラブルもあるようです。

これはWiMAXに責任はまったくないトラブルです。
事前にエリア確認をしていないために起きてしまうものと言えるでしょう。

WiMAXは事前に自分の行動エリアの電波状況を測定することができます。

URL⇒https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

こちらのサイトにアクセスして自宅や通勤通学先、バイト先などのエリアで電波状況がどんな感じなのかチェックしてみましょう。

「○」となっているエリアなら電波が届かないという状況はほぼありえません。
都心部ではWiMAXの電波状況が悪いことはまずありませんが、山間部は電波がそもそも来ていないこともあるので注意が必要です。

不満④解約違約金の存在「ああっ。更新月過ぎてた…」

「解約しようと思っていたらうっかり更新月を過ぎてしまった!
だからって高額な解約違約金を請求するっていうのはひどくない!?
なんで辞めるのにお金がかかるの!?」

という口コミも時々見られます。

これもWiMAX側の問題ではありません。
本人のスケジュール管理の問題と言えるでしょう。

WiMAXの解約違約金はいくら?

WiMAXの違約金は契約するプロバイダによって多少違いますが、基本的にどのプロバイダを選んでも大きな差はありません。

例えばBIGLOBE WiMAXでは1年目19,000円、2年目14,000円、3年目から9,500円になります。

更新月以外に解約しようとすると解約違約金が発生しますので、解約するつもりであればスケジュール管理はきちんとしなければいけません。
更新月については契約時の書類や会員ページで確認することができます。

WiMAX以外でも解約違約金は発生する

WiMAXに限らずスマホでも他社Wi-Fiでも光回線でも同じように存在します。

上記の表はBIGLOBEWiMAXとヤフーポケットWi-Fiの解約違約金の比較です。

契約後すぐに解約しようとするとすごく大きな負担が設定されているので、比べてみるとWiMAXの違約金が良心的な設定であることがわかります。

解約違約金がネックでWiMAXにするか迷っているなら その1

解約違約金が気になってWiMAXにするか迷っている場合は、WiMAXを無料でお試ししてみましょう。

例えばGMOとくとくBB WiMAXには「20日以内の解約違約金無料キャンセル制度」があります。
実際に20日間試してみてWiMAXの使い心地を試すことができるんです。

使ってみて回線状況に不満があったり、使い勝手が悪かった場合には解約違約金を支払うことなくキャンセルすることができるのです。

解約違約金がネックでWiMAXにするか迷っているなら その2

UQWiMAXには「Try WiMAX」というサービスがあります。
これは15日間無料でWiMAXを試すことができるサービスです。

自宅や外出先での通信速度、スマホやPCがネットに接続できるかを15日間無料で試すことができるサービスです。

解約違約金0円で他社WiMAXに乗り換える方法

解約違約金を0円で他社WiMAXに乗り換える方法もあります。

WiMAXは長く使っていると月額料の割引サービス等がなくなるため割高になってしまいます。
現在WiMAXを利用されていて、ルーターも古くなってきたし…と思ったら、BroadWiMAXの違約金負担キャンペーンを利用するのが良いでしょう。

他社のWiMAXからBroadWiMAXに乗り換える場合、解約違約金を19,000円まで負担してもらうことができます。
実質0円でWiMAXを解約することができるのです。

乗り換えをすれば月額料金をリセットすることができますし、最新機種のルーターで快適にネット回線を利用することができるでしょう。

不満⑤サポートに繋がらなくてイライラ「いつまで待たせるの?」

「わからないことがあったのでサポートに電話したけど全然つながらなくてイライラする!」
「サポートセンターにかけてもつながるまでに時間がかかる!」

という声もあるようです。
これはプロバイダのサポートセンターによってリソースが違うという点もありますが、平日の日中は比較的つながりやすい傾向にあります。

実際、サポートセンターに電話をかける機会はそれほど多くないでしょう。
どうしても手厚いサポートを受けたいのであればUQWiMAXやBIGLOBEWiMAXなど手厚いサービスで知られるプロバイダを選ぶと良いでしょう。

最後に…WiMAXで失敗したくない?まずはお試し!

WiMAXには良い評判もある一方で悪い評判があることも事実です。
使い心地が良い!と感じている方にはとても好評ですが、よく調べないまま契約してしまうと「こんなはずじゃなかった!」となることもあります。

そこでおすすめなのが、WiMAXを試す方法です。
契約してしまってから「WiMAXって最悪!」ってなるのは悲しいですよね。

WiMAXには先にも述べたようにお試しできる制度が色々用意されています。

GMOの「20日以内の解約違約金無料キャンセル制度」
UQの「Try WiMAX」
Broad WiMAX「ご満足保証」

などなどWiMAXを安心して利用できる制度があります。

1.まずはエリア測定をしましょう。

まずは自分の住んでいる場所、通勤先、通学先で快適に接続できるかエリア測定をしましょう。

自分の行動エリアが「○」となっていなかった場合、WiMAXを契約しても快適にネットを利用するのは難しいです。

現在、接続エリアは広がりつつあるとは言え、山間部ではまだつながらない部分もあります。
「×」となっていた場合にはWiMAXではなく別の回線を検討してください。

2.エリア判定で「○」となっていた場合

「○」になっていた場合、基本的には快適に接続できると考えてOKです。

ただし高層ビルや地下、大きな建物の影になる場所などではWiMAXが繋がりにくいことがあります。
不安な場合は上記のお試し制度などを利用してみましょう。

実際に試してみればどのくらい快適かをしっかり確認した上でWiMAXの契約を行うことができます。