WiMAXを乗り換えたいってあなた!この方法ならデメリットなし。

もし、あなたがWiMAXの利用をはじめてから最低契約期間(2年もしくは3年)を経過しているなら、乗り換えを検討してみませんか?
長くWiMAXを利用しているなら、古い機種を使い続けるよりも新しいプロバイダに乗り換えた方がとってもお得です。

  • 高額のキャッシュバックを受け取れる
  • 月額料金を安くできる
  • 最新機種に乗り換えることでネット接続が更に快適になる

と、良い事だらけなんです!

ただし、単純に他のプロバイダに乗り換えれば必ずしもお得というわけではありません。
乗り換えるタイミング、乗り換えるべきプロバイダをきちんと見極めなくてはいけません。

WiMAXを乗り換えれば得することはあっても損することはない

WiMAXを乗り換えた方がいいのはこんな人!

契約更新月の人

2年契約なら24ヶ月目、3年契約なら36ヶ月目が契約更新月になります。
更新月には無料で解約を行うことができるので、プロバイダを乗り換えるならこの時期を狙うのがおすすめです。

更新月でなくても契約後2年以上経っている人

更新月でなくても契約後2年以上経過しているならWiMAXの乗り換えはプラスになります。
違約金があるから…とためらっている人もいるかもしれませんが Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンを使えば解約違約金の負担なく乗り換えることができます。

また他のプロバイダを選んだとしても、新規契約のキャンペーンを利用すれば 月額料を引き下げることができるので違約金を払ってもトータルでお得になります。

旧型の端末を使い続けている人

旧型の端末は通信速度が遅いだけではなく、バッテリーの持ちも悪くなってきます。
WiMAXのルーターの寿命は使い方によっても異なりますが2年から3年を目処に乗り換えるのが良いでしょう。

月額を抑えたい人

毎月高額の月額料を払っていませんか?
WiMAXを乗り換えればキャンペーンが再適用されて月額料をぐっと抑えることができますよ。

WiMAXを乗り換えるとこんなにいいことが!

知らず知らずのうちに高くなった月額料金をリセットできる

WiMAXの月額料金はどこも契約後3ヶ月目までが安く設定されており、25ヶ月目以降に高くなるプロバイダが多いです。
これは初期費用を抑えることでWiMAXを始めやすくする狙いがあるものですが長く使っているとその分お得度が下がってしまいます。
特に自動更新してしまうと高い月額料が固定で継続されてしまいます。

ところが他社プロバイダで新規契約すればキャッシュバックや割引キャンペーンなどが適用されるため再び月額料金を引き下げることができます。
長く使えば長く使っただけお得ではなく、契約が切れたら乗り換える!
これがWiMAXをお得に利用する鉄則です。

最新の端末が入手できて、バッテリーの持ちも復活!

WiMAXは一度契約すると機種変更ができません。
勿論、水没事故や落下事故で故障してしまった場合には買い替えが必要になりますが、ルーターはネットに接続するための中継地点ですから、あまり頻繁に買い換える必要がないということもあります。

しかし、当然長く使えば劣化していく部分があります。
それがバッテリーです。

WiMAX端末に使われるリチウムイオンバッテリーは2年程度で容量が60~70%にダウンします。
そして3~4年も利用しているとバッテリーの持ちが悪くなり寿命を迎えます。

他のプロバイダに乗り換えずにルーターを買い換えようとすれば有料になります。
またバッテリーを交換しようと思っても有料なので高くつきます。

プロバイダを乗り換えれば無料で最新機種ルーターが手に入ります。
契約更新をせずに毎回乗り換えれば常に最新の高性能端末を利用することができるのです。

WiMAXを乗り換えると月額がどれだけ安くなるか計算してみる

WiMAXを乗り換えると月額料はどれくらい安くなるのでしょうか?

まずは上記の比較表を見てください。

例えば現在あなたがGMOとくとく2年プランを契約しており24ヶ月目だとしましょう。
Broad WiMAXに乗り換えた場合、月額料は4,263円から2,726円に下がります。

プロバイダを乗り換えただけで毎月1,500円以上も月額料金が安くなるのです。
これは3ヶ月目までのキャンペーン料金ですが、4ヶ月目以降の料金も3,411円なので毎月852円安くなる計算です。
そしてこれは24ヶ月目まで21ヶ月間続きます。

24ヶ月目にプロバイダを乗り換えずに自動更新してしまったとしましょう。
支払う金額は今後36ヶ月で153,468円になります。

Broad WiMAXに乗り換えれば36ヶ月の総額費用は上記の表の通り130,941円ですから、乗り換えた方が22,527円お得というわけです。

更新月じゃなくても解約違約金0円で乗り換える方法があります

「そんなこと言ったって、気づいたら更新月を過ぎてしまってた!!」という方、本当に多いです。

ほとんどの方は、いちいちWiMAXを契約したのが○年の○月だったから更新月は○年の○月で……なんてことを把握していませんよね。

このため、気がついた時には更新月をとっくにすぎて自動延長になっていた…
というケースがとても多いのです。

でも更新月以外だと解約違約金が発生してしまうので仕方なく今のプロバイダのままでいるしかない…と諦めてしまっていませんか?

先にも書いた通り、プロバイダを乗り換えると2万円以上お得になるわけですから実は解約違約金を払ったとしてもプロバイダは乗り換えた方がお得なんです。
とはいえ、払わずに済むなら払わずに済ませたほうが良いですよね。

更新月じゃなくても解約違約金を0円にする方法

実はBroad WiMAXには「違約金負担キャンペーン」というものが存在しています。
これを使えばなんと解約違約金を0円にすることができるのです。

例えばBIGLOBE WiMAX 2+の解約違約金は以下の通り

  • サービス開始月~12カ月目:19,000円(税別)
  • 13カ月目~24カ月目:14,000円(税別)
  • 25カ月目以降:9,500円(税別)

例えば契約後3ヶ月目で解約すると19,000円、1年半なら14,000円の解約金がかかります。
更新月は無料で解約できますが、3年経過後に解約しようとすると9,500円です。
これは結構大きな負担です。

しかしBroad WiMAXに乗り換えるならこの解約違約金を0円にすることができます。
それは一体どんな方法なのでしょうか?

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの詳細

Broad WiMAXでは新規契約者に限り、他社で解約時に請求される解約違約金を上限19,000円まで負担してくれるのです。
つまり、現在他社プロバイダの月額料が高くて困っている場合や、ついうっかり更新月を忘れていて手続きできなかったという場合でも請求された違約金を0円にすることができるのです。

この解約違約金負担サービスは「現在他社WiMAXと契約していること」が条件です。
解約時に一度解約違約金を支払わなければいけませんが、支払った領収書など必要な書類を提出すればBroad WiMAXと契約後にキャッシュバックされるので実質0円になります。

WiMAX乗り換えにおすすめのプロバイダ2つ

これからWiMAXに乗り換えるならおすすめのプロバイダは2つです。

  • 違約金が心配な人⇒Broad WiMAX
  • それ以外の人はGMOとくとくBB WiMAX

Broad WiMAXがおすすめの理由

Broad WiMAXがおすすめの理由は上記の通り解約違約金負担サービスがあることです。
更新月を逃してしまった場合でも、解約違約金を心配する必要なくWiMAXを乗り換えることができます。

またBroad WiMAXはキャッシュバックがないものの、毎月確実・堅実に月額料金が安く設定されているプロバイダです。
毎月の支出を確実に減らすことができるので、今までよりも月額料を抑えることができるでしょう。
特に契約後3ヶ月間の安さは驚きです。

GMOとくとくBB WiMAXがおすすめの理由

更新月に解約できるという人や、解約金の心配を特にしていない人の場合は2年プラン最安値のプロバイダであるGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

上記はGMOとくとくBB WiMAX、BIGLOBE WiMAX2+、UQWiMAXのギガ放題2年プラン比較ですが、実質月額料が一番安いです。

料金だけみるとGMOもBIGLOBEも大差ないように見えますが2年プランの場合、BIGLOBEはルーターが旧機種しか選べないのでサービスを比べると一番安い上に、良い機種が使えるということになります。

せっかく乗り換えるのに旧機種では意味がありませんから乗り換えるならGMOとくとくBB WiMAXが良いでしょう。

WiMAXを乗り換える方法は3ステップ

それでは具体的にWiMAXを乗り換えるステップについてご説明しましょう。

ステップ① 更新月を知らないと損するかも?更新月の確認方法

まずは自分の更新月がいつなのかを調べましょう。
更新月以外に解約しようとすると解約違約金が発生してしまいます。

解約違約金はどこのプロバイダも決して安くありません。
例えばBIGLOBE WiMAXの解約違約金は9,500円~19,000円かかります。
これはBIGLOBEだけが高いわけではなく、他社も同じようなものです。

特に2年を待たずに解約してしまうと高額の違約金が発生してしまいます。

WiMAX更新月の確認方法

  • 契約時のメールまたは書類を確認
    書類は端末が届いた時に同封されているので探してみてください。
  • 会員ページにアクセスする
    各社によって異なりますが、支払い履歴等のページに今が何ヶ月目で、更新月がいつなのか記載されているはずです。
  • お客様センターに電話
    上記の方法が使えない場合、プロバイダの営業時間内にお客様センターに電話して更新月を確認してください。

もし更新月が近ければ更新月に解約してGMO2年プランがおすすめです。
更新月がまだまだ先だったという場合にはBroad WiMAXの違約金負担キャンペーンを利用するのが良いでしょう。

ステップ② 契約中のWiMAXを解約する

WiMAXの解約手続きをしましょう。
ここではBIGLOBE WiMAXを例にしてご説明します。

BIGLOBEでは解約を希望の方はカスタマーサポートのインフォメーションデスクに電話する必要があります。

受付時間は9:00~18:00です。

電話で解約したい旨を伝えると解約違約金などの説明を受けることになります。

更新月だった場合には解約の申込みをした月の月末まで利用することができますが、月額費用は日割りせず全額かかります。
解約違約金が発生する場合には、当月の費用が引き落とされる際に一緒に請求されま

す。

プロバイダによっては解約する月の20日までに申し込む等規約が異なるため詳しい条件については各社のWebサイトなどで確認してください。

ステップ③ 新規プロバイダに申し込む

解約手続きが終わったら新規プロバイダに申し込みをしましょう。
GMOとくとくBB WiMAXを選ぶのであればギガ放題2年がおすすめです。

Broad WiMAXなら2年プランはないため3年契約になります。
解約違約金が発生した場合には違約金負担キャンペーンを適用してもらうのを忘れないようにしてくださいね。

端末は最新機種のWX05がおすすめ

どの端末を選んでも料金は変わらないので、最新機種を選べば間違いありません。

クレードルはどちらも別売りですが、これは特に焦って購入する必要はありません。
必要を感じたら後日Amazonや楽天で安く購入することができます。

最後に…WiMAXを乗り換えたいってあなたへ

WiMAXは2年もしくは3年と契約期間が終わる頃に乗り換えをするのがお得です。
長く使い続けるとそれだけ新規入会キャンペーンを利用することができなくなりますし、機種変更にもお金がかかってしまいます。

WiMAXの機種は次々と新しいものが開発されており、通信速度や安定性が改善しています。
古い機種のままで新たに契約更新をしてしまうのは、とてももったいないことでしょう。

WiMAXはどのプロバイダを選んでも同じ回線を利用するため、通信速度や通信可能エリアといった品質に関する差は全くありません。
携帯キャリアのような差がないため、どのプロバイダでも安心して乗り換えることができます。

だからこそ料金で比較してお得なものを選ぶべきです。
長くWiMAXを利用されている方はぜひ乗り換えを検討してみてください。